CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
TEN TORI
点取り占いブログパーツ
MOBILE
qrcode
<< 世界が変わる時 | main | 久しぶりにマジメに狩り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
反省しました。
そうはいっても、一通りエンディングを見るまでは、と頑張る、今日もSchool Daysですごめんなさい

今日は刹那END目指して頑張りました。

ねたb(略)続きは(略)
まずは。

普通のエンドなんていって申し訳ありませんでした

ゲーム内唯一の良心の声が高い刹那。
いいですね。このゲームのヒロインたちに欠けている何かをちゃんと持ち合わせている気がします。そんな彼女に関わると、幾分かあの主人公ですら、マトモな行動になるようです。素晴らしすぎです。



彼女は、世界にはない「きちんと自分の気持ちを表現して、表明する」ことができ、言葉にはない「相手のために引くこと」ができる潔さを持っています。
何より、評価が高いのは、主人公に



この行動をとらせたこと。他のエンディングでは、妊娠しても主人公の反応は見れないのです。
よくやった刹那!ブラボー!!

---
光エンドも見ましたが、私としてはピンと来ませんでした。単に彼女が軽く思えてしまう展開、結論でした。うーん、いまいち。


というわけで、全てのキャラクターのエンドを見ました。
全部のエンディングではないので、まだぼちぼちやるのでしょうけど、感想は今日あたりで締めておこうと思います。



「世界」は、誰にでも心地のよい存在で、でも真実が見え難い存在。
「言葉」は、嘘を含まないけれど、時として残酷な存在。
「誠」は、一瞬の真実をさす。決して永遠の安定ではない。
「乙女」は、冷酷さとひたむきさを併せ持つ。
「光」は、平和をもたらすけれど、幸福をもたらすとは限らない。

唯一、全てに立ち向かい、冷静に受け入れる存在「刹那」。


画像をいくつか使用しました。
全て、発売元、開発元に権利は帰属します。

Summer Daysは、安定したバージョンが出たら買っちゃおうかな。
| School Days | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:35 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://quammo.jugem.jp/trackback/26
トラックバック